読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3児のパパ。一生学び。

妻、子供と3人大変でも学んでいくブログ。仕事、お金、生活について

小銭貯金と三菱東京UFJ銀行のATMは相性が悪い

本日小銭貯金で貯まったお金を銀行に入金してきました。

 

小銭貯金と言っても、小銭が多いと財布がかさばるので小銭が増えてきたらまとめて貯金箱にいれるというような簡単なものです。1年間貯めたので、口座に移そうと思い本日仕事のカバンに忍ばせてきました。

 

これが以外に時間と手間を食う作業だとは夢にも思いもしませんでした。

 

お昼休みに三菱東京UFJ銀行に行きました。連休前のためかとても混んでいます。しばらくATMの列に並び、しばらくしたらATMの前にたどり着きました。いざ入金しようと思ったら不吉なメッセージが貼ってありました。

 

「ATMは硬貨を100枚までしかお取り扱いできません」

 

と注意書きがあります。嫌な予感がしましたが今回は関係ないだろうと勝手に思い、いざ入金を開始。まず困ったのは硬貨を入れる入り口が狭い。縦長の穴が空いているのですが硬貨が多いと入りきらず横にフタの上で広がってしまいます。それでも苦労しながら入れていると、急にATMがしゃべりはじめました。

 

「硬貨を入れて下さい。ピーピーピー」

 

いや、今いれてるじゃない!と思いながら引き続き硬貨を入れていたら、何度も同じメッセージが発せられます。無視して入れていたらメッセージが変わりました。

 

「硬貨を一度出して下さい。ピーピーピー

 

フタが開いて、画面を押しても取り出してください一点張り。

えー!せっかく苦労して入れえいた作業が水の泡になってしまいました。しかもピーピー鳴っている時も後ろはATMを待っている人の列がいるわけです。冷たい視線に耐えきれず、また昼休みの時間も残り少なくなってしまったので急いでお金を出し、三菱東京UFJ銀行を出ました。結果的に1円も入金できませんでした。

 

これはいかん!と思い、営業に出かけて帰り際の夕方にもう一度三菱東京UFJ銀行に行きました。今度は空いています。しめしめと思い、一番奥のATMに陣取り再度入金作業を始めました。

 

前の失敗を教訓に、今度は一度に入れる硬貨を少なめにし、できるだけ穴に収まるように小刻みに入れることで時間のロスを防ぐことに。またピーピー鳴りだしたら入れた枚数が少なくても入金ボタンを押すことにしました。

 

「823円入金しますか?」

 

やっと入金できた!記念すべき最初の一歩、とても嬉しかったです。しかし何枚か硬貨か戻ってきています。本当に100枚しかダメなんですね。。その後は何度も硬貨を入れ、入金ボタンを押すという作業を繰り返しました。そして続けること十数回ついに入金が完了しました。

 

小銭は以外に貯まっており約15000円とたっぷり口座に入金することができました。しかし入金作業にもたっぷり30分も時間がかかってしまいました。硬貨を入れるのも時間がかかるのですが、入れてから金額を数えるのにも時間がかかります。

 

今回学んだのは「小銭貯金を入金するときは窓口で頼もう」でした。しかし会社勤めしているとなかなか窓口に並んで入金とかする時間が無いので困ったモノです。