読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3児のパパ。一生学び。

妻、子供と3人大変でも学んでいくブログ。仕事、お金、生活について

2015年もあとわずか。ほぼ日手帳を使い初めて丸5年になりそうです

こんばんは。デラめがねです。

今年も残り十数日となりました。今年も慌ただしく年末が過ぎています。

本日は自分が使用している手帳、ほぼ日手帳についてです。

 

2011年から営業に社内異動してほぼ日手帳を使いはじめて

早い者で5年が過ぎようとしています。来年度もほぼ日手帳を続けて使用するつもりなので、10月に来年の手帳を購入しています。

www.1101.com

 

 

ほぼ日手帳にはサイズが色々あるのですが、自分は一番大きい「カズン」という手帳を使っています。最初は文庫本サイズのオリジナルを使用していたのですが、週刊の予定を俯瞰するために週刊スケジュールが欲しかったのと、ほぼ日手帳は1日1ページ割当があり、そこに色々書くことができるのですが、自分が書く内容が多くてオリジナルサイズではおさまらない為、一番大きいサイズのカズンを使用しています。

 

ほぼ日手帳を使用し始めたきっかけ

 それまで内勤だったので大学ノートに書き込むことがあれば色々と書き込んでいました。営業になっても大学ノートを使用していたのですが、ある日書き込んでいたクライアントとの約束がページに埋もれてしまい、訪問を忘れてしまったといことが起こり、それからスケジュールの管理の必要性を感じ手帳を持つことにしました。

 あとはその当時営業職に異動したばかりだったので、自分が行ったことを毎日書いて残したいと思い、一日1ページあるほぼ日手帳を使い始めました。

 

現在のほぼ日手帳の使い方

 自分の場合は月間スケジュール、週刊スケジュール、1日のページを使用しているのと仕事用にA5サイズの大学ノートをカバーに差し込んで使用をしています。

・月間スケジュールの使いかた

 1ヶ月の予定を書き込める月間スケジュールの使い方は主に仕事のアポイントメントろプライベートの予定を書き込むようにしています。仕事の予定は青色、プライベートは赤色というように色分けをして混同しないようにしています。

 

・週間スケジュールの使いかた

 週刊スケジュールは月間スケジュールの予定を落とし込むのと、移動時間、社内の業務等を記入しています。どれだけ予定が埋まっているかを直感的に把握できるので、この日は○時間しか空きがないから仕事を前倒ししよう!とかこの日はまだ時間の余裕があるからアポを入れよう!時間の融通がしやすいようにしています。

 

・1日のページの使いかた

 1日のページはその日の振り返りを記入しています。時間の箇所に何を何時間やったかを記入します。仕事は青色、プライベートは赤色、移動や睡眠は黒で記入し、何に殿くらい時間を使用したのかざっくりと分かるようにしています。

また右のフリースペースではその日やったこと、印象に残ったことを書いています。書き方は「ねぎま式メモ」と言われる書式を使用しています。

www.nikkeibp.co.jp

 

ねぎま式メモは実際に行ったことと、その時の自分の思いをセットで書くようにしています。例えば最近はこんな感じの内容をかいたりしています。

 

○会議資料制作(3時間)

☆1時間で終わるはずが部長のから修正が入り予定より2時間オーバーしてしまった!

 

ただ会議の資料を作成したと書いただけでは、後で読み返した時に感じたことを忘れてしまいます。なので自分はねぎま式メモで書くように心がけています。

 

ほぼ日手帳を使い続けて良かったことは

 使用前と比べて沢山のことが改善されました。

 ・予定を忘れたりダブルブッキングをすることがほとんど無くなった

 ・仕事の抜け漏れが少なくなった

 ・「覚えていないといけない」という漠然とした不安が無くなった

 

ほぼ日手帳を使い始めるまでは本当に仕事がうまくまわすことができませんでした。

今思えば、根本の原因は「自分の能力の過信」だと思います。ツールや他の人に頼らないとうまくいかないとに気がついたことが一番の財産かもしれません。

 

来年もほぼ日手帳を使うためにもう来年分は購入済みです。これからもほぼ日手帳を使って色々と書き綴っていきたいです。